人工芝Q&A

人工芝の耐用年数はどのくらいですか?

使用環境や人工芝の素材によって変わってきますので、一概に申し上げることはできませんが、10年ほどを目安としてお考えください。

庭でフットサルをするために人工芝を敷きたいのですが、一般的な人工芝とスポーツ用の人工芝はどう違うのですか?

スポーツ用の人工芝は一般的にクッション材が厚くできており、足腰の負担を軽くして、ケガのリスクを軽減しています。また、ハードな使用に耐えられるように、一般的な人工芝に比べてパイルが太いのが特徴です。

人工芝は透水性があったほうがいいのでしょうか?

カビやコケの発生を防ぐため、屋外、特に土の上に敷設する場合は透水性に優れた人工芝を使ったほうがいいでしょう。ただし、コンクリートの上に敷設する場合は、下地面に傾斜がないと水が流れていかないため、透水性のある人工芝でもその機能が発揮されません。

人工芝はどんなメンテナンスが必要ですか?

屋内で使う場合は、掃除機をかけていただくだけでOKです。屋外に敷設している場合で土や埃が気になる場合は、ホースなどで十分に水洗いしてください。

庭に人工芝を敷きたいのですが、でこぼこしていても施工できますか?

下地面がでこぼこしている場合は、均し(ならし)作業を行ってから人工芝を施工します。つまずいて転んだりすることがないよう、丁寧に均したうえで施工しますので、安心してご相談ください。

庭に天然の芝生を敷くか人工芝を敷くかで悩んでいます。

庭に芝生を敷くご家庭は多くありますが、天然芝は管理が難しいため、枯らしてしまったり、雑草だらけにしてしまったりといったケースもあります。水やりや肥料やり、芝刈り、雑草・害虫対策、エアレーションなどのメンテナンスが面倒であることやメンテナンス費用がかかることから、挫折してしまう方も少なくないようです。こまめなメンテナンスが面倒な方や、業者に年間管理費を払ってまで天然芝にこだわらない方は、人工芝を選ぶのがいいでしょう。最近の人工芝は、本物の芝のように自然な美しさがあるものも登場しています。当社では、オーダーメイドでの人工芝製作もできますので、ぜひご検討ください。

固定するのではなく、置くだけの人工芝を探しているのですが、取り扱いはありますか? ベランダでの使用を考えています。

はい、ご用意しております。なお、ベランダの場合は両面テープで固定する方法が一般的ですので、そちらの商品もご案内させていただきます。

バルコニーに人工芝を張りたいのですが、臭いの原因になりませんか?

バルコニーやテラスなど、雨ざらしの場所に人工芝を張る際、臭いを懸念される方もいらっしゃいますが、その心配はありません。排水を考慮しないで施工すると、ゴミなどが臭いの原因になることがありますが、しっかりと排水機能を考えて施工すれば問題はありません。また、透水性のある人工芝を用いることも大切です。当社では透水性に優れた人工芝を取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

ドッグランのスペースをつくるために人工芝を使いたいのですが、どんな人工芝がおすすめですか?

ロングパイル人工芝がおすすめです。他の人工芝だとワンちゃんが爪で引っ掻くことで劣化が進んでしまいますが、ロングパイル人工芝なら強度に優れているため、引っ掻きによる劣化を防止できます。

購入した人工芝はハサミで切れますか?

はい、ハサミやカッターなどで切ることができます。適切なサイズに合わせてカットしてご使用ください。

屋上に人工芝を敷きたいのですが、施工は必要ですか? 置くだけで大丈夫な商品はありますか?

置くだけで敷設できる人工芝もありますが、屋上ということを考えると突風などで飛んでしまう可能性も考えられます。業者に依頼して接着剤などで施工したほうが安心です。当社では、無料で現場調査・お見積もりを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

事例モニターにご協力いただける方、総費用の10%割引実施中!

  • ページ上部へ